最短即日融資も可能なカードローンはこちら

カードローン返済が滞るとどうなってしまうのか

返済日が近づいているのにお金が用意できていないという不安や心配は本当につらいものです。そのような時一人で悩まずに、相談することをお勧めします。弁護士事務所で無料相談ができるところが増えていますので、プロの目線でこれからどうしていくべきか、どのようにすれば完済することができるのか相談に乗ってくれます。

というのも返済が遅れてしまうと自動的に個人信用情報機関に遅延の情報が記録されてしまうからです。申し込みから完済までしっかり責任を果たしたとしても返済ができてないとしても、どちらの情報も5年間は情報が個人信用情報機関に保有されます。

返済が遅れた場合、どのくらいの期間返済が滞っていたかで対応が変わってきます。3か月以上の返済の遅れがある場合は返済を放棄したとみなされる場合が多く、契約に違反する行為となり強制的に退会手続きが取られることがあります。また、保証人や保証会社が返済するように求められ、代わりに身内が支払わなければならない状況をつくってしまいます。

このようにしっかりと返済を守らなければどうなってしまうのか考えてみることによって、計画的にお金の管理をしようと決意が強まります。自分や家族のために真剣に取り組むことが重要です。


関連記事

このページの先頭へ